Press Releases
print

IFCとIFCアセットマネジメント社が中東・北アフリカの革新的な太陽光電力会社に投資


カイロ:
Riham Mustafa

電話番号
: +202 2461 4230
E-mail:
rmustafa@ifc.org

ワシントン
, D.C.:
Elizabeth M. Lewis, AMC

電話番号
: +1 202-458-4049
E-mail:
emlewis@ifc.org


アラブ首長国連邦(UAE) ドバイ、 2019128世界銀行グループの一員であるIFCと、IFCアセットマネジメント社(AMC)が運営するIFC中東・北アフリカ(MENA)ファンドは、1900万ドルをYellow Door Energy社に出資します。
本投資は、ヨルダンやUAEその他地域の商工業者が、屋上据付型と地上据置型の太陽光発電設備や省エネソリューションを、購入選択権付きリースを通じて配備するのを支援します。

 
本投資は、
Yellow Door Energy社が投資家集団より調達した6500万ドルの投資パッケージの一環として行われました。IFC500万ドルの自己勘定投資を行い、MENAファンドは1400万ドルを投資します。本投資を通じて、この大手太陽光電力事業者が、既存市場のヨルダンとUAEから、パキスタンへ事業を拡大すると共に、中東地域でのプレゼンスを高めるのを支援します。

Yellow Door Energy
CEOで共同創設者でもある Jeremy Craneは次のように述べています。「本投資は、新興国経済の信頼性・効率性・持続可能性を強化するという当社のビジョンをより強固なものとします。また、本投資によって、当社のエネルギープラットフォームを中東地域からアフリカやアジアへ拡大する事ができます。私たちは今後2年間に300メガワットの太陽光電力設備を提供し、多数の事業者と地域経済に恩恵をもたらします。世界有数のグローバル投資家が、当社の信頼性・コミットメント・顧客中心のサービス提供を信頼してくれていることを喜ばしく思います。」

ヨルダン、レバノン、パキスタンを含む多くの国が、費用が高く環境汚染を生じさせる火力発電に依存しています。
Yellow Door Energy社は革新的なリース型モデルを活用し、商工業分野の事業者が現地の電力網に依存することを減らすため、地上据置型と屋上据付型の太陽光発電設備を建造し維持していくよう推進しています。IFCAMC の投資は、クリーンで信頼性の高いエネルギーを事業者に供給するとともに、電力不足に悩むパキスタンやその他の国々において、小規模太陽光発電設備の将来性を確実に示しています。

AMC
の最高執行責任者(CEO)であるMarcos Brujis は、「Yellow Door Energy社への投資により、持続可能かつ低価格の電力へのニーズが高い地域において、クリーンな電力を供給することが可能になるでしょう。この投資は、開発インパクトと良好な運用リターン双方を我々の機関投資家にもたらしうる機会となります」と述べています。

IFC
のインフラストラクチャー・天然資源部門中東・北アフリカ地域担当マネジャーであるErik Beckerは、次のように述べました。「電力の供給不足は、事業規模に関わらず企業に損害をもたらし、経済成長を阻害し、雇用不足の要因となります。Yellow Door Energy社のビジネスモデルは、多くの企業の電力コストを減少させ、炭素排出量を減らします。これは、当該地域におけるIFCの戦略目標でもあります。」

その他の機関投資家は、三井物産
, Equinor ASA, Arab Petroleum Investments Corporation (Apicorp), Adenium Energy CapitalYellow Door Energy社の創業投資家)等です。


IFC
について
世界銀行の姉妹機関であり世界銀行グループの一員である
IFCは、途上国の民間セクターに特化した世界最大の国際開発金融機関です。世界の2,000以上の民間企業との協働を通じて、IFCは、資金、専門知識を駆使することで、世界の最も困難な地域において市場を拓き、機会を創るための支援を行っています。2018年度には、途上国の人々の貧困解消と繁栄の共有増進を図る民間セクターへの助力のために約230億ドルの長期融資資金を提供しました。詳細についてはウェブサイト( www.ifc.org )をご覧ください

IFCアセットマネジメント社(AMC)について

IFCの全額出資子会社であるIFCアセットマネジメント社 AMC)は、外部資金を調達・運用し、新興・フロンティア市場のビジネスに投資しています。AMC2009年に設立され、IFCの新興国での投資案件と専門知識へのユニークなアクセスを世界の有力機関投資家に提供すると同時に、投資国にプラスの開発効果をもたらしています。AMCのファンド投資家はソブリン・ファンド、年金基金、開発金融機関等で、現在に至るまで出資・融資・ファンド投資を網羅する13のファンドに約100億米ドルの資金を調達しました。詳細についてはウェブサイト( www.ifcamc.org )をご覧ください。