IFC Home
Creating Opportunity Where It's Needed Most

ミャンマーにおけるIFC投融資第一号案件が決定 - 金融アクセス改善と雇用拡大を目指す


東京事務所 連絡先
奥 智美
電話番号:03-3597-6657


ミャンマー ヤンゴン、2013年1月23日 - 世界銀行グループの一員であるIFC(国際金融公社)は、本日、IFCのミャンマーにおける投融資第一号案件として、同国で女性経営者が経営する零細・中小企業を主として2020年までに20万人以上に貸付けを行うことを目標として設立されたマイクロファイナンス金融機関に対して融資を行うことを発表しました。

IFCは、ドイツの政府系貸付金融機関であるドイツ復興金融公庫(KfW)と、フランスのBRED Banque Populaire金融グループ傘下のCOFIBRED銀行と共に、カンボジアのアクレダ銀行(ACREDA Bank PLC)によるアクレダMFIミャンマー社(ACLEDA MFI Myanmar Co.)の設立を支援します。

IFCはアクレダ銀行に対し2百万ドルの融資を行い、同融資は今年中には営業開始予定のアクレダMFIミャンマー社の株式をもって返済される予定です。アクレダMFIミャンマー社は、著しく拡大しているミャンマーの中小企業の借り入れ需要に応えていきます。

保有資産規模でカンボジア最大手となるアクレダ銀行のイン・チャンニ(In Channy)CEOは、「本融資は、IFCと我々の長期的パートナーシップにおける大きなマイルストーンであり、カンボジアの有力なマイクロファイナンス機関として、ミャンマーの中小企業や低所得者層の人々に適切な融資を提供するにあたり、我々の豊富な経験が大いに役立つものと確信しています」と述べました。

ミャンマーは、長年国際的に孤立した状況が続いたため、世界で最も金融サービスの発展が遅れている国のひとつです。IFCによる今回の融資は、世界銀行グループの対ミャンマー暫定戦略の一環として、同国の民間セクターを活性化し、人々の金融アクセスの改善を図ることで貧困格差を解消することを目的として行われました。また、IFCは今後、他の国における同様のマイクロファイナンス機関の発展のために、アクレダMFIミャンマー社を模範例として活用する予定です。

IFCのセルジオ・ピメンタ東アジア・太平洋地域担当局長は、「我々の今回のマイクロファイナンス機関に対する融資は、ミャンマーにおける金融サービスへのアクセス改善、雇用拡大、貧困削減を実現するための経済再生支援として素晴らしいきっかけとなりました。今後もIFCは、アクレダMFIミャンマー社を通して、同国のマイクロファイナンス市場の拡大を支援し、都市部・地方に関わらず金融サービスへのアクセス改善を支援して参ります。これによって、マイクロファイナンスの効果的運営はミャンマーでも十分可能であることを証明するものとなるでしょう」と述べています。

本融資に加えて、IFCは今後もアクレダMFIミャンマー社のマイクロファイナンスの提供能力の強化、リスクマネージメント業務能力の拡大、あるいは信頼できる金融戦略策定支援という分野で、アクレダ銀行を支援していきます。アクレダ銀行はカンボジアのマイクロファイナンス機関最大手であった1999年からIFCのパートナーであり、IFCによる金融サービス及び技術支援により、ラオス人民民主共和国やミャンマーにおいても金融サービス提供を拡大しています。

IFCについて
世界銀行グループの一員であるIFC(国際金融公社)は、民間セクター支援に特化した世界最大規模の国際開発金融機関です。IFCは、開発途上国の民間セクターへの投融資、国際金融市場での資金動員、企業と政府に対するアドバイザリー・サービスの提供を通じて、途上国が持続可能な成長を実現できるよう支援しています。2012年度のIFC総投融資額は、過去最高となる200億ドル強に達し、民間資金を活用して途上国の雇用促進、技術革新を支援し、途上国発展を実現する上で世界をリードする挑戦を続けています。www.ifc.org

アクレダ 銀行について
アクレダ銀行は、カンボジアの主要リテールバンクの1つで最大手のマイクロファイナンス機関です。カンボジア全域に計238拠点、ラオス国内に28拠点を有し、2012年度末時点で、20億米ドルを超える総資産を有し、1支店をミャンマーに有しています。また 同行は傘下に、アクレダ銀行ラオス社、アクレダセキュリティー社、アクレダトレーニングセンター、アクレダMFIミャンマー社(ACLEDA Bank Lao Ltd., ACLEDA Securities Plc, ACLEDA Training Center, and ACLEDA MFI Myanmar Co.)といった4つの金融機関を有しています。同行は今後アセアン地域内やメコン川流域の全ての新興国において事業進出を行うことを計画しています。アクレダ銀行は、米大手格付け会社スタンダード&プアーズ社から信用格付けを取得した最初のカンボジアの金融機関であり、現在「B/安定的」の格付を有しています。詳細は、 同社ウェブサイト(
www.acledabank.com.kh)を参照下さい。